快適住宅見学隊で紹介されました

冬景色

2018年12月21日

DSC_1288

こんにちは

営業 石川です

12月のある日

雪が結構積もった冬景色

東北の画家 萬鉄五郎の描く風景画のように

冬のしばれる重暗い冬景色です

 

雪は美しく輝いて・・・

と言うけれど

暮らす人々にとっては

寒いし暖房費はかかるし交通不便など

マイナスイメージが大きいです

隣の家に届ける回覧板一つとっても

必死の覚悟で外に出る・・・

 

先日 私石川は・・・

見学会準備で持った荷物に負け

ぎっくり腰になりました

これも冷えからくるものが要因と思います・・

(体重増加・・・もあります・・・が・・・)

腰が悲鳴をあげ・・・

 

無事 完成見学会を終えることができ

ホッとしましたが

その見学会のお宅の暖かいこと!

その日の夜は-8度まで冷え込み

22度設定の暖房で大丈夫?

と思いながら見学会場へ~

玄関入ってあったかい~

常春の暖かさ!

あったかいは幸せだーーーー!

と切に思いました!

断熱 気密 計画換気 暖房計画

万歳です!!!(ぎっくりで万歳できませんでしたが)

 

東北の人は我慢強いです

春までの辛抱と

じっと我慢をします

 

今の世の中 住まいの技術の進歩

断熱材の充実の中

 

豊かな時代に

自分や家族のために

我慢せずに健康で暖かい家に住む

 

ちょっとぎっくり腰になった私が

改めて思うこの頃でした

 

 

今年もあとわずか・・・

忘年会 クリスマス お正月準備 帰省に旅行

寒い日々ですが

心はホットにお過ごし下さい~