北舘 敬

 

建てた後にもお客様とお付き合いができることが、
私にとって最高の仕事です。

【所属・役職】工事部長
【名前】北舘 敬(きただて たかし)
【ニックネーム】北さん
【誕生日】昭和24年 2月15日
【星座】
【血液型】AB型
【出身】岩手県八幡平市
【資格・特技】二級建築士、二級土木施工管理士、その他15種有り
【趣味・休日の過ごし方】
夏はゴルフ、冬はスキーを楽しんでいます。

 

仕事内容を教えて下さい

 

私の仕事は、現場監督とお施主様のアフターフォローです。
現場監督の仕事は、何もないところから図面をつくって、土台をつくってお家の形をつくる仕事。

アフターフォローは、お施主様がより生活がしやすいように、お家を直したり、
設備交換や間取り変更などをする仕事です。

 

八重働工務店に入った理由はなんですか?

 

八重働工務店に入って20年目になります。きっかけは、とある業者の方からのご紹介です。
20歳の時にこの業界に入って、はじめは東京の大手ハウスメーカーに就職して現場管理の仕事をしていました。
岩手に帰って他の建築会社で仕事をしていたこともありましたが、
縁あって八重働工務店で働くことになりました。

 

「この仕事をやってて良かった」と思う瞬間は?

 

忘れもしないのは、
あるお客様から「これだけ素晴らしい建物はない。あなたの所に頼んでよかった」と褒めていただいたことです。

そのお客様は、その家に何年か住まわれての実感とのことで、
嬉しさが込み上げてきたことを憶えています。

それから、建てた後のお客様の家には、できるだけ立ち寄りするようになりました。
嬉しい感想ももちろんですが、そこに快適に住んでいただくことが大切なので、
その様子を伺いに立ち寄らせていただくんです。

そんな時、「上がってお茶のんでって」と言われるのは嬉しいですね。

これから家を建てるお客様ももちろん大事ですけど、お施主様は財産ですから。
建てて仕事が終わりではなく、建てた後にもお客様とお付き合いができることが、私にとって最高の仕事です。

 

今の仕事で大変なところ・気をつけているところは?

 

若い時はお客様のことを考える余裕もなく、とにかく色々提案していた。
特に、予算を考えず提案をしていた時は「やりたいけど、その分は値引きでお願い」と言われることもありました。

やりたい気持ちだけ盛り上げて、できない・・・。

それでは困るので、お客様とじっくり話をすることにしました。
私の提案も、もちろんお客様の生活を良くするため、なぜ必要なのか?
お金を払ってでもやる価値があることなのか?
とことん話しました。

そうすることで、お互いに最適な答えが見えてきて、
結果的に「提案してもらって良かった」という話をいただくことができました。

 

社内で「これをやらせたら右に出るものはいない」ことはなんですか?

 

積算の早さですね。
積算とは簡単に言うとお見積もりのことです。

お客様が「こういう感じ」と言う曖昧なことでも、経験があるからなんとなくパッと浮かぶんです。
「これですか?」と言うとだいたい当たる。それが早い見積もりのポイントです。

さすがにこれは経験を積んでいるから出来ることだと思います。

 

今後、仕事で(もしくはプライベートで)実現したい夢は?

 

社長の夢を叶えたい。そのために、八重働工務店で働いています。
今は会社を存続させるのはもちろん、発展させたい、それが一番かな。

もうこの年齢だから、自分のやりたいことはほとんどやらせてもらった。
だからお世話になった八重畑社長にはそれくらいはしたい。

社長は自ら一生懸命働いている。色んな勉強会にも参加したり。
そんな様子を長年見ているからどういうことがやりたくて、
どういう会社にしたくてというのはよくわかる。

だから、それを実現するのが私の夢です。